マミーズ・ボイス

こじか組に通われているお母さん方から寄せられた感想をご紹介します!

平成29年度

|1|23

週に一回のこじか組は短い時間ですが、先生たちがとてもいい内容を考えていると感じ、充実していました。
お絵かきや工作など様々な内容があって、時々持って帰る作品があって、それを家で飾って見るたびに子どもの成長を感じました。
運動会が終わってから、初めて離れの保育となる日、息子が泣かずに思ったよりスムーズに教室に入りました。そして、お迎えに行って「えんえん泣いた?」と聞いたら、息子が「泣かない!先生がいるから」と答え、楽しかったようです。
今は幼稚園が大好きで、毎週こじか組をとても楽しみにしています。

こじか組には途中入園でした。家では活発に過ごす娘ですが、外では言葉少なく、良い意味でも悪い意味でも几帳面な性格で集団生活への不安が大きくドキドキでした。そんな娘の特徴をくみとり細やかな配慮をしていただき、いつの間にか、親子共々園生活を楽しめるようになっていました。
先生方に感謝!感謝です!!

こじか組では家ではできないたくさんの経験(製作活動やリズム遊び、戸外遊びなど)をさせてもらえます。
また、挨拶やお名前呼び、手洗いなど、集団生活を通して身に付くこともあります。
10月までは親も一緒に入るので、1日の流れがわかりますし、離れてからは一緒に入っている時とは違った子どもの姿が見られ、成長を感じることができると思います。

こじか組に参加するまでは同世代の子どもたちとなかなか接する機会を持つことが少なく、人の輪に入っていくことができず遊びたくてもただ見ている子でした。そのためお友だちと関わることができるかとても不安がありました。しかしこじか組に参加するようになってから先生方や同じクラスの子どもたちのおかげで楽しく参加することができているようです。
「今日は幼稚園ないの?」「あと何回寝たら幼稚園?」が口癖になるほど幼稚園という場所が楽しいところであると知ったことや、お友だちができることへの喜び、様々な音楽に触れることによる新しい感性が広がり、創作をすることにより得られる達成感など、沢山のことを学び吸収し成長している姿が見られています。これからの成長もとても楽しみです。
4月から始まる幼稚園生活への足がかりとして、素晴らしい時間を過ごさせて頂き感謝しております。

|1|23